今日は「宮崎県工場技術センター・宮崎県食品開発センター」を見学させていただきました♪

宮崎県工場技術センターは小中企業の技術開発や技術力の向上を支援する研究機関で、
研究開発や技術指導・依頼分析・設備利用などの支援を行っているところです。

ここでは、電子顕微鏡で1円玉の細かなキズを見れたり、どの物質がどのぐらい含まれているのかを調べたりすることができます。
目に見えないキズまで見れてビックリしました( ゚Д゚)

また、空港の荷物検査のように、中身がみれる機械もありました!私のデジタルカメラをやってもらうと…細かい部品がたくさんあるのが見れました!!
この機械は金属の部品等に空洞や亀裂等がないかを調べるのに役立っているそうです(*^▽^*)

 

次は宮崎県食品開発センターに行きました。
県内の食品企業、地域の食品加工グループ等の支援を行っており、食品に関わる研究開発や技術指導・依頼分析・設備利用などの支援を行っています。

まず、レトルト食品やインスタント食品の開発をする機械を見せてもらいました!いかに味や品質を落とさずに提供できるかを研究しているそうです。大きな機械がたくさんありました(^^)/

 

そして、発酵食品や焼酎用酵母の開発等を行っている部屋で、発酵食品の香気成分をかがせてもらったり、焼酎を蒸留する機械を見せてもらったりしました!
みんなクンクン♪クンクン♪(*‘∀‘)
りんごなどの果物の香りがたくさんありました!

 

最後は鶏糞がどのように再利用されているのかを教えてもらったり、ミクロの泡を見せてもらったりしました(*^-^*)

 

とにかく、たくさんのことを見たり聞いたりできて、とっても楽しかったです♪
こういったところで研究されたことが私たちの身の回りのものに使われるようになるのですね。

年に1度テクノフェアという催しが開催しているそうなので、行ってみたいと思いました(^^)/

By やよT