1期校外学習⑤ 宮崎県ソフトウェアセンター

<5日目>6月12日(金)

今日は、宮崎県ソフトウェアセンターにて企業見学をさせていただきました!

まず会社について説明していただきました。

宮崎市、宮崎県、民間企業が出資し、「人を育てる」ことを目的として設立されたそうです!

中途採用の9割はIT未経験者というこの会社では、エクセルやワード、パイソン(プログラミング)などの研修をしっかりしていただけるそうです。高卒で就職した社員さんは4年生大卒よりも早く上流工程を経験できることも魅力的でした(*^-^*)


事業についてはネットワーク事業とシステム開発事業をされているそうです。

PHPというプログラム言語を使って、ホームページをつくる仕組みをプログラミングしたり、Javaで施設予約システムを作ったりされています!

開発業務には①要望を聞く人→②設計者→③コーダー開発技術者→④テストをするなど、それぞれの工程が重要な役割を担っているとのことです。

生徒たちから質問させていただきました!

Q.初めてプログラミングを学ぶときに勉強するならば何から始めればよいですか?”

A.自分が面白いと思った言語であればどの言語からでも大丈夫です!

Q.Javaを学んでいますが、入社するにあたり他の言語を勉強しておいた方がよいですか?

A.一つ言語を習得できれば、他の言語の習得もはやくなりますので、続けて学んでください!

Q.この仕事をしていて、やりがいを感じるときはどんなときですか?

A.お客様の業務の効率が良くなるなど、役に立つシステムを提供できたときにやりがいや喜びを感じます。

社内設備として、資格取得などの教育用の研修ルームや、システム開発やカスタマーサポートの部屋を特別に案内していただきました!

カスタマーサポート業務を実際にされている様子を見て、緊張感のある雰囲気を肌で感じることができました(*^-^*)

宮崎県ソフトウェアセンターのみなさま、貴重な体験をさせていただき本当にありがとうございました!

まなT