今日は、校外学習として「宮崎中央卸売市場」の見学に行ってきました。

最初に紹介ビデオを見せていただいた後、市場の中を順番に見て回りました。

青果部には沢山の野菜や果物が積み上げられていて、取引量の大きさを実感できました。競りは既に終了していましたが、まだ沢山の人が作業をされていました。

水産部は既に、魚の姿はほとんど見られない状態でしたが、早朝のカメラ映像を見せていただくことができました。早い時間から買い付けに来られていた方々が、念入りに目当ての魚を見定めていました。

花き部では、実際に競りの様子を見ることができました。入札はタブレットを使用していて、自宅からでも競りに参加することができるそうです。素敵な花の香りに包まれて、癒しの時間となりました。

最後に市場内にある商店街を歩きました。美味しそうな食べ物がたくさん売られていて、見て回るだけでも楽しめました。

生徒の感想より

「普段行けないところに行くことができたので、とても貴重な経験でした!」

「いつも食べている野菜や魚などは朝早くから仕入れをしてくださっている市場の方々のおかげだと分かりました。感謝して食事したいと思います。」

「市場に来て一番驚いたことは、入荷や集荷が朝の1時ぐらいから、下見が4時ごろから、せりが朝5時ごろからと早朝に行われていることに驚きました。野菜や魚のせりもいつか見てみたいです!」

生徒たちは、大変興味深く見学していました。宮崎中央卸売市場の皆様、見学を受け入れてくださりありがとうございまいした。

西村T